小さい金額で利益確定した方が、結果的に資金が増えていく理由

小さい金額で利益確定した方が、結果的に資金が増えていく理由

これはイケるという銘柄があったら、株数をそれなりに増やして、そこそこのレベルで利益確定を重ねていくことが資金を増やしていく秘訣になります。

例えば、株価1000円の銘柄があり、3000株買った場合、株価が100円上昇すれば、ざっくり30万円の儲けです。(手数料や税金は考慮しないとした場合)

株価1000円の銘柄が、1100円まで上昇するのは、特に珍しいことではありません。

これを3回くらい繰り返せば、90万円になります。やっぱり現金で利益確定した方が、桐谷さんみたいに株主優待で稼ぐよりも遥かに良いですから、キャピタルゲインの確定を積み重ねるのが大事です!

 

ところが、株価1000円の銘柄を3000株買って、90万円を一気に儲けようとするには、株価が1300円にならないといけません。

 

1000円の株価が1300円になるのって、確率的に考えると株価1000円の銘柄が、1100円まで上昇するケースよりは、かなり低いと思います。

 

ですので、まとまった株数で勝負したら、“そこそこの上昇で利益確定”をしていく方が良いと経験的には思います。

そこそこの上昇という1つの目安は、サラリーマンの月収でしょうね。

20万円、30万円で利益確定できれば御の字じゃないですか!

儲けようと躍起になって、客観的に見て可能性の低いレベルの株価上昇を期待しすぎて、利益確定しそこない、少ない利益しか得られなかった、もしくは儲かっていたのにマイナスになってしまったケースって、典型的な失敗例で、皆さんも心当たりがあると思いますよね(笑)

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク