みずほリースは、業績伸長期待が大いにできる銘柄

何でもっと早く気付かなかったのか!
自分に嫌気がさします。

みずほリースの株価が伸びると思う理由

結論から言うと、みずほリースの株価ですが、

3500円から、4000位まで上昇する可能性があると思います。

その理由は以下の通りです。

需給が良い

まずは需給関係では、信用取引の売り残が買い残を上回っている状況。
売り長です。

貸借倍率で言うと0.93倍。
株数はたいしたことないですが、需給面は問題なしと言えます。

おそらく増配する

50周年記念の増配がある!
今年で50周年を迎えるため、必ずや増配があると思います。
これも株価上昇の支援材料になると思います。

チャートの形も良い

移動平均線を支持線にチャートは上昇トレンド。

しかも、直近高値3090円を抜くと、さらにレンジが一段上にいくと思います。

業績向上の蓋然性が高い!

最大のポイントはここです!
なんでここに気づかなかったのか!
それが残念でなりません。

興銀リースから、みずほリースに変わるということは、
みずほ銀行が全面的にバックアップするということになります。

いくらみずほ銀行系のリース会社といっても、
みずほ銀行は、第一勧業銀行、日本興業銀行、富士銀行の三行が合併してできた銀行です。

リース会社は銀行からの案件紹介があるのですが、今までですと、旧日本興業銀行の筋からしか案件の紹介がありませんでした。
おそらくは案件全体の30%くらいしかなかったと思われます。

それがみずほリースになることによって、100%、銀行からの案件紹介を受けることができます。

噂によると、現在、さばききれないほどの案件が銀行から来ているそうです。
したがって業績アップは必須の状態だと思います。

そんなわけで、みずほリースには注目していきたいと思います。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク