プロレド(7034)のPEGレシオと目標株価

PEGレシオって、ご存じでしょうか?

「Price Earnings Growth Ratio」の略でして、企業の中期的な利益成長率を加味して株価の水準を測る指標です。

この説明を読んでもピンとこないと思いますので、もうちょっと簡単に説明します。

一般的にPERが割高、割安の指標で使われます。

PER(株価収益率)は、現在の株価 ÷ EPS(1株あたり利益)で算出するのが一般的です。

例えばPER10倍は、現在の1株あたり利益の10年分という意味です。

一般的には、PER10倍以下くらいが「割安」。PER15倍くらいが「まあ普通」、PER30倍以上が「割高」と言われています。

PER50倍や100倍はかなり割高と言えますが、このような銘柄もあるのは、投資家が未来の成長に期待しているからです。

この未来の成長率を考慮して、株価が適正なのか?割高なのか?割安なのか?を判断するために考え出されたのがPEGレシオになります。

PEGレシオが

・1倍以下なら割安

・1~2倍の間、適正

・2倍以上なら割高

と言われています。

予想株価収益率(PER)を一株当たりの予想利益成長率で割って算出します。

具体的な計算は以下のようになります。

・PER100倍、

・利益成長率が80%

100÷80=1.25倍となり、PER100倍でも「適正なんじゃないか」と判断できるわけです。

爆謄中のプロレドのPEG

最近すごい上昇しているプロレド、なぜこんな上がるの!?とビックリされている方も多いと思います。

本日の株価は13,780円、予想PERは100倍です。

さて、ここで利益成長率の設定が問題になりますが、

利益成長率は、1株あたり利益(EPS)を使うのが一般的みたいですが、営業利益や経常利益を使う人もいます。

今回は、経常利益で計算したいと思います。

2017年10月期から2019年10月期までの成長率を見ていくと、104%、39%という数字となります。

平均値を取って今後の成長率を計算するとざっくり70%くらいになりますので、

100÷70=1.42

ということで、まだ適正なのでは?との結果が出ます。

ぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク

PEG1.5倍になる株価を逆算するとPERは105倍なので、株価は14,469円くらいまで上がっても適正ということになります(笑)

PEG1.7倍ですとPER119倍なので、16398円となります。

この結果、どう考えるかは皆さんの判断にお任せします。

参考になったらこっちも応援クリックお願い致します。Withランク