来週は22日、23日の米中次官級通商協議に注目

2018年8月18日

みなさん、こんばんは。

今日の日経平均は+78円、マザーズ指数は+16ポイントとなりました。

マザーズ指数はプラスでしたが、ユーザベースは売られました。

子会社ファンドへ追加出資するというないようでしたので、材料としては弱かったみたいで買いが続かず、戻り売りに押されました。お盆で市場参加者が少ないという要因もあったと思います。

ユーザベースはIRの出し方が上手なので、引き続き事業拡大に関する材料が出てくると期待できますから、中長期でホールドした方が良いと思います。

現在トルコリラ、また売られており、対円では17円台になりました。

目下のところは、リスクオフの地合であり、トルコ問題、米中通商問題が解決に向かわないと以前のようなリスクオンぬるま湯相場にならないと思います。

トランプ氏は中学生日記か?

中学生日記って、30代半ば以降に方ならご存知だと思いますが、青春のほろ苦いありがちな情景のドラマです。

いろんなパターンがありますが、北朝鮮のパターンを見ていると、最初はボロクソ北朝鮮の批判をしていたのに、最後は仲直り!?みたいな感じでシンガポールで会談しました。

まるで最初はクラスの嫌われ者だったのが、あとでみんなと仲良くなる、みたいな、まさに中学生日記を彷彿とさせる展開で、あまりの変わりぶりに唖然としました。

今回の中国関税問題も突然関税をかけるとツイッターで言い出して、中国が報復し、アメリカがまた仕返しをすると小学生のようなケンカをしていますが、ある時点でコロっと変わる可能性は大いにあります。

今のトランプ氏の立場ですと、もし事前に「中国に関税かけるぞ」という話をしておき、知り合いに事前に空売りさせておいて、仲直りする前に買い入れさせておき、ある日を境にコロッと仲直りすれば、いくらでもやりたい放題で儲けられる立場です。

もちろん大統領という立場であり、周囲の厳しい監視の目もありますし、インサイダーで捕まるようなバカなことはしないとは思いますけど、あまりの突拍子な発言や行動を見ると、何気にそう思ってしまいます。

余談ですが、もしTwitter社が発言力のある人に対する投稿を本人にだけはリアルタイムで投稿したように見せて、他の人には30秒遅れで配信し、そのバッファである一部の人が他人より先に有力者の発言を手に入れることができたら……、何言いたいか分かっていただけたと思いますが、スゴイことが出来てしまいます(苦笑)

話を戻して、来週は22日、23日で米中次官級通商協議が行われる予定ですが、これによってリスクオンに相場の地合が変わる可能性も大いにあるかもしれません。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク

IPO銘柄は半年くらい経った熟成あされたものを物色すべき

IPO直後は、株価も高くなりがちで、高値づかみの可能性が高いです。半年くらい経過したものが本来の価格だと思いますので、そのような銘柄で成長性のあるものを静かに仕込むのが上手い方法だと思います。

個別株については、またの機会で触れたいと思います。

参考になったらぜひ応援クリックお願い致します。Withランク

引き続きよろしくお願い致します。