株式投資家は、期待できる企業が大好き。全貌が見えてしまったものには興味がない。

まずは以下を御覧ください。

以下は2018年4月10日のニュースです。

—————————————-
「工作機械、10年ぶり最高更新 昨年度受注、初の1.7兆円確実」

2017年度の工作機械の受注高が過去最高だった07年度実績を上回り、1兆7500億円規模に伸びそうだ。日本工作機械工業会(日工会)の調べでは、18年2月までで前年度の通期実績を3000億円超上回る。3月が期中平均にとどまっても1兆7427億円に達する。ただ売上高を示す販売額は受注高ほど伸びず、07年度並みになりそう。各社が人手や調達部品などの不足により、受注製品の供給に影響が出ている様子がうかがえる。

日工会が10日に3月実績(速報値)を公表し、17年度の受注高が判明する。2月までの受注高は1兆5974億円。仮に3月が期中平均の1452億円であれば、17年度は1兆7427億円になる。

年初から為替や株価が安定感を欠くものの、3月はDMG森精機が単月の過去最高を記録するなど好環境だったとみられる。期末効果も加わり、初の1兆7000億円台はほぼ確実。

—————————————-

このニュースを見て、DMG森精機の株を買った方、どうなったかというと・・・

負けています。

このニュースが出た時点では、株式投資家のマインドはピークアウトしていたんです。

株式市場参加者の多くは、「期待で買って事実で売る

特に株式市場をよく知っている人ほどこのように行動します。

逆にいうと、先が見えないような成長株が買われるのは、全貌が見えず期待が続くからです。

ちらりと半身しか見えない美人、そんな銘柄が最も市場ウケします。

そのような銘柄は新興市場に結構ありますが、すららネットとかユーザベースは、まさにそんな感じがすると私は考えています。

このマインドをキープして投資をがんばりましょう!

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク

参考になったらぜひ応援クリックお願い致します。Withランク

引き続きよろしくお願いいたします。