合法的にインサイダー取引を行う方法

合法的にインサイダー取引を行う方法

「インサイダー取引」

タイトルからすると、興味をそそられた人が多かったのではないかと思いますが、何気に皆さんやっている方が多いです。

ちょっと古い話ですが、ベイブレードが大流行した時、いち早くその面白さに気付いた人は、「タカラ」の株を買って大儲けしたと思います。

最近の話ですと、先日、ちらっと書いたオリンピックグループのフリーパワー自転車。

これも気づいていた人は、こっそりと株を買っていたと思います。

業績にどのくらいインパクトがあるかを計算しないと、株を買っても意味がなくなるというか、むしろ勘違いして独り善がりで思い込んでしまい、損してしまうことがありますし、株を買うときの株価水準、株式需給も大事です。

先日、面白い話を某D証券の方から聞きました。

a) 「リクルートに勤めていると、どの会社の株が上がるのか?」

もしくは

b) 「どの業界の株が上がるのかが、いち早く分かる」

この理由、分かりますか?

例えば、a)のケース。
リクルートエージェントの仕事をしていると、企業から求人依頼が来ます。

求人依頼が旺盛な企業ほど、業績拡大に向けて人を雇おうとしている先なので、いち早く気づくことができるわけです。

その会社の株を買ってしまう、まさに合法的インサイダー取引です。

b)のケースは、求人動向で、どこの業界が伸びているかの動向も分かります。

例えば、バイオテック業界の求人が増えてくるならば、バイオテクノロジーのインデックス(ETF)を買うわけです。

このD証券の方は、リクルート社員から聞いたそうですが、面白いように株で儲けたと言っていました。

言われてみれば、「ああ、なるほど!」と思ったと思いますが、よく考えれば気づくことです。

人より先に気付くことが、株式投資で儲ける可能性を高める有効な方法です!

一緒にこのような気付きを共有できればと思います。

参考になったらぜひ応援クリックをお願い致します。株ランク

参考になったらぜひ応援クリックお願い致します。Withランク

引き続き、よろしくお願い致します。